経営管理ビザ取得要件の事務所

外国人起業・会社設立支援サービス > 経営管理ビザ申請のご依頼例14

経営管理ビザ取得の際の事務所の契約について教えてください。自宅でもよいでしょうか?


 結論からいうと基本的には自宅と会社の住所が同じでは経営管理ビザを取得することは難しいです。

 自宅と会社住所が一緒でもよいのは明確に自宅と会社の区画が別れている場合のみであり、例としては一軒家などで1階は事務所、2階は居住等の明確に区画を分けることができる場合のみです。

 一般的なマンションであれば例え3LDKでも自宅と会社を一緒にすることは非常に難しいです。 その為、通常は自宅とは別に事務所を確保するのが一般的であり、事務所を確保しなければ経営管理ビザを取得することはできません。

 費用を抑えたければ事務所を狭くするという方法があります。しかし、狭くても大丈夫ではあるのですが、それもビジネスモデルによります。

 IT関係や翻訳通訳会社であればデスク1つおけるスペースがあるだけでも問題ないでしょう。貿易業務であれば在庫を持たないビジネスモデルであればデスク1つあればよいですが、ショールームや在庫を抱えるビジネスモデルであれば狭いと事業計画が成り立ちませんので当然にそのスペースを新たに確保する必要があります。

 また、経営管理ビザ取得のためには事務所内部の写真を申請書に添付して申請しますので、最低限デスクやパソコン、プリンターなどの事務機器が揃っている必要がありますので、事務所の中にも気を使って準備を進める必要があります。

会社設立+経営管理ビザ取得がお得なサービスパックのご案内

1.日本在住外国人向け会社設立+経営管理ビザ取得パック

投資経営パック

日本在住の外国人向け、会社設立+経営管理ビザがお得なビジネススタートパックです。


2.海外在住外国人向け会社設立+経営管理ビザ取得サービス

海外在住外国人向け会社設立+経営管理ビザ取得サービス

外国人の起業サポートNO.1企業のACROSEEDだからできる海外在住外国人向け会社設立+経営管理ビザ取得のサービスです。


3.外国企業の日本支店設立はこちらをご覧下さい

日本法人設立・支店設立サービス(外国企業向け)

日本で支店や営業所を作ろうとお考えの外国企業の方はこちらのサイトをご覧ください。


外国人の会社設立、経営管理ビザ取得のご相談