経営管理取得に際して、資本金は必ず500万円必要ですか?

外国人起業・会社設立支援サービス > 経営管理ビザ申請のご依頼例14

経営管理取得に際して、資本金は必ず500万円必要ですか?


 管理者として事業の経営か管理の3年以上の実務経験があることを根拠に申請していく以外は、経営管理ビザを取得するためには 実務上最低500万円以上の出資が必要です。

 以前の投資経営ビザから経営管理ビザに改正されるタイミングでこの要件は表面上なくなりましたが、実務的には現在も500万円以上の出資が必要となっています。そしてこの500万円は見せ金ではダメです。審査の際に出所まで細かく問われます。

 つまり、この500万円はどのようにして集めたのかという証明まで入国管理局は求めてくるわけです。 自分で貯めたのか、親からもらったのか、親族から借りたのか、理由は基本的にはなんでもよいのですが出所の証明をしていく必要があります。なお、借入による場合、その返済計画も示さなければならないのでその分だけ審査の難易度もあがります。

 「500万円はありませんが、経営管理ビザは取れますか?」というご質問をたまに頂くことがありますが、理論上可能ですが、 現実的ではありません。 500万円未満の出資で経営管理ビザを取るためには2名以上の正社員を雇用することが条件となります。 起業当初に2名も正社員を雇用することは実際のビジネス上相当に難しく、それなら500万円出資して経営者1人でビジネスを立ち上げることの方が現実的なのです。

 なお、これもよくご質問頂くのですが、ひとつの会社につき経営管理ビザを取得できるのは1人だけです。つまり仮に2人で500万円ずつの1000万円を会社に出資したとしても取得できるのはひとりだけです。

会社設立+経営管理ビザ取得がお得なサービスパックのご案内

1.日本在住外国人向け会社設立+経営管理ビザ取得パック

投資経営パック

日本在住の外国人向け、会社設立+経営管理ビザがお得なビジネススタートパックです。


2.海外在住外国人向け会社設立+経営管理ビザ取得サービス

海外在住外国人向け会社設立+経営管理ビザ取得サービス

外国人の起業サポートNO.1企業のACROSEEDだからできる海外在住外国人向け会社設立+経営管理ビザ取得のサービスです。


3.外国企業の日本支店設立はこちらをご覧下さい

日本法人設立・支店設立サービス(外国企業向け)

日本で支店や営業所を作ろうとお考えの外国企業の方はこちらのサイトをご覧ください。


外国人の会社設立、経営管理ビザ取得のご相談