留学生が経営・管理ビザを取る際の注意点を教えてください。

外国人起業・会社設立支援サービス > 経営管理ビザ申請のご依頼例18

留学生が経営・管理ビザを取る際の注意点


 経営・管理ビザは,下記の要件のいずれかに該当していなければなりません。

1.日本に居住する2人以上の常勤従業員を確保していること
2.資本金又は出資の総額が500万円以上であること
3.上記に準ずる規模であると認められるものであること

 1.について、スタート間もない会社で従業員を雇用することは資金力からして厳しいかもしれません。また、募集をしても、できたての実績の無い会社に就職をしようとする人も多くはありません。そのため,2.の「資本金又は出資の総額が500万円以上であること」という要件をみたすことが現実的です。

 2.は会社形態であることを前提としますが、3.は1.と2.に準ずるというのが非常に抽象的なので2.が一番明確です。1.の形態をとっていたが、更新のタイミングで従業員に辞められて更新が不許可になった方もいらっしゃったので、人に頼るよりもお金を出資しておいたほうが安心かもしれません。

 それでは、500万円の現金さえあれば問題ないのかといえば、実はそう単純ではないのです。マネーロンダリング防止の観点や,見せ金を排除する観点から,500万円の出どころについても,入管は厳しく審査します。特に留学生の方の中にはアルバイトをオーバーワークして形成した500万円を元手にビジネスをはじめ、経営・管理ビザを取得しようとするようなケースもあり、入管法に違反して貯めたお金で経営・管理ビザを取らせるものかというくらいに厳しい確認があります。

 また、人から借り受けた500万円であっても構いませんが、返済計画についても審査されますので返済計画を立てることが肝要です。学校の出席率が悪く、出どころのわからないお金で起業しようとしても経営・管理ビザは難しいと思います。

会社設立+経営管理ビザ取得がお得なサービスパックのご案内

1.日本在住外国人向け会社設立+経営管理ビザ取得パック

投資経営パック

日本在住の外国人向け、会社設立+経営管理ビザがお得なビジネススタートパックです。


2.海外在住外国人向け会社設立+経営管理ビザ取得サービス

海外在住外国人向け会社設立+経営管理ビザ取得サービス

外国人の起業サポートNO.1企業のACROSEEDだからできる海外在住外国人向け会社設立+経営管理ビザ取得のサービスです。


3.外国企業の日本支店設立はこちらをご覧下さい

日本法人設立・支店設立サービス(外国企業向け)

日本で支店や営業所を作ろうとお考えの外国企業の方はこちらのサイトをご覧ください。


外国人の会社設立、経営管理ビザ取得のご相談