起業家インタビュー

起業家インタビュー

外国人起業家インタビューイメージ写真

Global Live Investment株式会社
東京都新宿区歌舞伎町二丁目25番8号
代表取締役 パウル・ナサニエル

 事業目的
(1)共同購入割引券に関する広告、宣伝、企画、マーケティング及びコンサルティングサービス
(2)インターネットメディア事業
(3)ソフトウェア開発業務
(4)前各号に付帯又は関連する一切の業務

パウル社長の会社はどのような会社ですか?

弊社Global Live Investment株式会社は、主に『共同購入割引券(クーポン)に関連する広告、宣伝、企画、マーケティング及びコンサルティング』を目的として設立されました。インターネット上でレストランやエステティックサロン等で利用できる格安割引券を枚数・期間限定で販売するクーポン共同購入サイトを立ち上げ、短時間で売り切るクーポンビジネスが注目を集めております。

弊社は検討を重ねた結果、今後も多くの需要が見込める分野であると判断し、本業界を弊社の広告、宣伝、企画、マーケティングのターゲット層と位置付けました。
クーポン共同購入サイトで取り扱う割引券の種類は、現在、飲食店業界を中心に同分野で先行する他社サイトが数多く取り扱っておりますが、景気低迷が続く日本において、価格に対する高い満足度を求める顧客は、家庭の主婦、学生、早期退職者、ビジネスパーソン等多岐にわたります。様々な顧客層からのニーズが見込めると確信しております。

現在はクーポン共同購入サイトの立ち上げを検討している顧客企業に対するマーケティング及びコンサルティングを中心に業務を遂行しております。顧客企業のクーポン共同購入サイトがどのように新規顧客を獲得し続けることができるか、一度利用した顧客をどのように繰り返し利用客(リピーター)になってもらうか、どのように利用者のニーズを汲み取っていくか等についてのマーケティング、企画開発等の分野へ業務範囲を拡大していくことを考えております。 同時に、魅力的なクーポンが存在していることを広く知ってもらうための宣伝方法の開発を考えております。前職でシステム開発を手掛けていた経験もありますことから、将来的には、効率的なクーポンビジネスを支えるソフトウェアの開発を手掛け、あらゆる業界がインターネット上でのビジネスが可能となる画期的な商品の開発を目指します。

クーポンビジネス業界は日々進化しているため、利用者とクーポンを提供する企業・店舗のマッチングの可能性は無限に広がっております。弊社は現状にまんぞくすることなく常に流行の一歩先を見通し、確かなコンサルティングを通して売り上げの確保、顧客獲得に向けて全力を上げて参ります。

来日したきっかけは?

米国の大学卒業後、かねてより強い関心と魅力を感じていた日本のIT業界の視察のために来日し、友人達の人脈を頼っていろいろと調査をした結果、日本市場に大きな可能性を感じ、起業を決意しました。

ACROSEEDを選んだのは?

起業や経営に関する書籍を買い求めたり、ネットで情報収集をしたりしながら、構想を練りました。実績が豊富にあり、英語対応もしているACROSEEDさんに連絡を取りました。じっくりと投資経営ビザ取得までのフローの説明をしてもらえたので助かりました。実績があるので安心感がありました。多くの英語圏の方々がACROSEEDさんを利用されているんですね。日本には色々な法律の専門家がいるようですが、ACROSEEDさんはアライアンスも含めるとあらゆる分野の対応が可能です。

事務所とする物件等を探しましたが、物件はACROSEEDさんの提携不動産会社に内見させてもらったので、割とスムースに決まりました。物件が決まってからは流れるように進んで行きましたね。

意気込みを教えて下さい。

「商品は定価で購入するもの」との常識を持っていた日本の購買者に、良いもの・サービスをより安く提供できるよう多種多様なクーポンを利用者のニーズに合わせて紹介していきたいと思います。

今回は、英語担当行政書士の松下がインタビューをさせていただきました。宮川、木、折茂のACROSEEDスタッフがパウル社長を囲んで記念撮影を致しました。



ACROSEEDがおこなった業務

投資経営ビザへの変更会社設立税務顧問
外国人起業・会社設立の無料相談