起業家インタビューVOL.26
代表取締役 呉郁展様

外国人起業家インタビューイメージ写真 日本のアニメや漫画、ゲームは世界でも通用する魅力があり、これを商品にしたビジネス展開を思いつきました。

株式会社つくり 呉郁展様
http://www.tukurifigure.moe/jp/index.php


 今回のお客様は株式会社つくりを経営する呉様です。ACROSEEDでは最初の会社設立サポートからビザ申請、経営・管理の更新申請手続きもご依頼いただいております。企業にはゴーイングコンサーン、つまり、企業は継続しなければならないとの社会的使命や責任があり、ACROSEEDは外国人起業家の誕生のみならず、継続・成長を応援します。

1.日本で起業を考えたきっかけは?

 もともと日本の大学院でグローバルビジネスを学びました。これをキーワードに何かをやりたいと常々考えておりました。

 日本のアニメや漫画、ゲームは世界でも通用する魅力があり、これを商品にしたビジネス展開を思いつきました。現にアメリカやフランス、アジアにも『おたく文化』は受入れられております。

http://www.rakuten.co.jp/tukurifigure/

 おたく文化を世界に発信するグローバル企業として株式会社つくりの経営に尽力しております。


担当者のコメント

 株式会社つくりのホームページには『単なるホビー屋としてだけではなく、カルチャーの伝道者として、日本から世界へ発信します。』と書いてありました。

 呉社長とのインタビューを通じて感じたのはアニメや漫画、ゲームを世界に通用する『日本文化』と捉え、外国人であるがゆえの客観性と感性、そして語学力を活かし、グローバルな視点でビジネスを展開されているという事です。

 ACROSEEDは呉社長をこれからも応援していきます。

外国人起業・会社設立の無料相談