事業計画書作成に関するよくあるご質問

外国人起業・会社設立支援サービス > 事業計画書作成に関するよくあるご質問

事業計画書作成に関するご質問

Q1.事業計画書の作成で最も大切なことは何ですか?

 読み手の要求に応えるということです。読み手が求めている情報を与え、納得してもらうことが最も大切です。この目的が達成されないようであれば、どんなに格好がよくても、事業計画書としては全く役に立ちません。そのため、相手が何を求めているかを把握することが必要となります。


Q2.事業計画書に記載した内容を実行できるかどうか、不安です。

 誰にも未来のことはわかりませんので、事業計画の内容と現実の事業収益が一致することはまずありません。しかし、経営者としてビジネスを計画通りにどこまで実行したのかは非常に重要であり、多くのビジネス関係者の関心事となります。

 もし、事業計画に記載した計画の実現性が薄いのであれば、直ちに修正すべきです。


Q3.外国人経営者のビザ申請の場合、どのようなケースで出入国在留管理庁に事業計画書を提出したらいいのでしょうか?

 一般的には、初めて「経営・管理」ビザを取得する場合、ビザ更新で決算書が赤字の場合、新規事業を開始する場合などには、必要とされています。要は、事業内容が大きく変更された場合や、今後の先行きなどを明確に示さなければならない時には、事業計画書を提出した方がよいでしょう。


Q4.入国管理局のホームページには事業計画の提出は明記されていませんが、「経営・管理」ビザの取得においてはやはり提出したほうが良いでしょうか?

 事業計画を提出することを強くお勧めします。出入国在留管理庁で公開されている必要書類は、窓口で申請が受理されるために必要な最低限の資料であり、ビザを取得するためのものではありません。経営管理ビザの申請を行うには最低でも数百万円の資金がかかりますから、確実にビザが取得できるよう万全の態勢で挑むことをお勧めします。

会社設立+経営管理ビザ取得がお得なサービスパックのご案内

1.日本在住外国人向け会社設立+経営管理ビザ取得パック

投資経営パック

日本在住の外国人向け、会社設立+経営管理ビザがお得なビジネススタートパックです。


2.海外在住外国人向け会社設立+経営管理ビザ取得サービス

海外在住外国人向け会社設立+経営管理ビザ取得サービス

外国人の起業サポートNO.1企業のACROSEEDだからできる海外在住外国人向け会社設立+経営管理ビザ取得のサービスです。


3.外国企業の日本支店設立はこちらをご覧下さい

日本法人設立・支店設立サービス(外国企業向け)

日本で支店や営業所を作ろうとお考えの外国企業の方はこちらのサイトをご覧ください。


外国人の会社設立、経営管理ビザ取得のご相談